水晶デバイス

Zシリーズには、PLL発振のプログラマブルタイプがあります。

水晶振動子とICをセットにした共通の小型ヘッドユニットを、各サイズの金属配線したボトムベースに組み合わせる構造の製品です。 共通サイズのヘッドユニットと、製品サイズに応じたボトムベースを採用することで、水晶素子、パッケージ、ICなどのサイズ別の設計が不要で、部材を共通化することにより、短納期を実現しています。

プラットフォーム構造説明画像